動画広告はインターネット上で映像と音声で商品やサービスの説明をします。

ネット広告の種類

 

ネット広告は国内総広告費の中でもテレビ広告に次ぐシェアを持った広告です。

 

したがってネット広告を見て商品を購入したり、サービスを利用したりする人が多いという証左といえましょう。

 

特にインターネット広告というのは、テレビ広告や新聞広告と違い、成果が可視化されやすい種類の広告であるので、その信ぴょう性はとても高いです。

 

ネット広告とひと口にいってもさまざまな種類があります。
ここでは代表的なネット広告の種類を簡単に解説します。

 

ネット広告はどうやったら出せるのか?

 

 

動画広告

インターネットサイトの広告枠やyoutubeなどの動画サイトで流れる広告です。
テレビCMと同じような性質で、映像と音声により商品やサービスの説明をします。

 

ただしテレビCMを見るユーザーと動画広告を閲覧するユーザーではセグメントが大きく違うのが現状です。

 

 

メール広告

メール広告のイメージ

メール広告は、メールアドレスに直接広告が送られます

 

メールマガジンなどの媒体でインターネットショップや家電量販店の通販サイトなどからメールマガジンが届いてきますよね。

 

セール情報を配信したり、性別や年齢や趣味や興味を絞り込んで厳選した情報を送るターゲティング広告などもメール広告の一つです。

 

 

バナー広告

インターネット上でもっとも一般的な広告です。

 

ポータルサイトのサイドバーやブログやウェブサイトの端の方に掲載されているの画像による広告です。ビジュアルによる視覚効果が強くインパクトのある画像を掲示したいものです。

 

 

リスティング広告

リスティング広告は検索エンジンに大きく関わる広告です。

 

検索エンジンの検索結果はグーグルの検索ロボットや検索アルゴリズムが決定しますが、検索ワードをあらかじめ購入することで純検索結果の上のスペースに広告を打てるようになってきます。

 

「グーグルアドワーズ」や「ヤフー!プロモーション広告」などが代表的な例です。