スマホの普及はブログを閲覧できる人数、いわゆるネット利用者の母体数を増やしました。

スマホの普及でよりハードルが下がった

 

スマホの普及

 

スマホがネット閲覧者を増やした

以前は、ブログを閲覧するにはPCが必要でした。
これは、ブログがインターネット上に公開されていることを考えれば当然です。

 

このため、いくら魅力的なブログを作成しても、閲覧者が少なく、
ビジネスとしてはそこまで大きな効果は発揮できませんでした。

 

ブログをビジネスに活かすには、そもそもブログを閲覧できる人数、
いわゆるネット利用者の母体数を増やす必要があったのですが、
それに大きく貢献したのがスマホです。

 

携帯電話でPC同様にネットが利用できるようになったことで、
ネット利用者の母体数は激増したのです。

 

また、10代の男女もネットを利用できるようになったことも、
ビジネスの種類によっては大きな魅力です。

 

 

 

若者向けの店舗が成長できる環境

店舗と言っても種類は様々で、ジャンルも異なれば、
ターゲットとなる顧客の年代も店舗によって異なります。

 

そんな中、若い男女がスマホでネットを利用するようになったことで、
若者向けの店舗が急成長できる環境が整ったのです。

 

言ってみれば、スマホの普及によって、
ネットを利用する層は、まさに老若男女になったわけです。

 

利用者が限定されないことは、宣伝したい側にとっては大きな魅力になります。

 

今までは、ネットの閲覧者はPCの所有者に限定されていました。

 

このため、例えば女子高生に人気のブランドをネットで宣伝しても、
肝心の女子高生がネットを使っていないという状態でした。

 

しかし、今ではネットの閲覧者はスマホの所有者と敷居が下がったため、
同じ例えで比較するなら、女子高生もその宣伝を閲覧できる環境が整ったわけです。

 

このように、スマホの普及でハードルが下がったことによって、
ネットの利用者は急激に増えました。

 

また、スマホでネットを利用するユーザーは、
PCを必要とするほど知識に長けていないことが多いのです。

 

その意味で、読み物として気軽に閲覧できるブログは注目されるようになったのです。

 

ブログに関心のあるネットユーザーが多い今、
それをビジネスに活かすことで、大きな成果が期待できます。