SEO対策は自然検索を対象として行う対策です。

自然検索とは?

 

自然検索のイメージ画像

 

インターネットに詳しい人でも自然検索という言葉を聞いたことのある人は少ないと思います。

 

自然検索、もしくはオーガニック検索という言葉で使われますが、これはどういうことなのかというと、リスティング広告を除いた通常の検索結果のことです。

 

例えば「マンション」というキーワードをグーグルに打ち込むと、「マンション」というキーワードで登録されているリスティング広告が画面の上下、右エリアに表示されます。

 

「マンション」というキーワードは競合率が非常に高いです。
分譲マンションにしろ、賃貸物件にしろ制約に持ち込めば非常に高い成果になります。

 

特に分譲マンションを売ることができれば1件で3000万円ほどの売り上げにつながるので、インターネットの世界でも戦々恐々です。

 

まず上から5つ程度「マンション」に関連した広告として表示され、わかりづらいですが、少し区切りがあってその下から広告ではないグーグルが独自のアルゴリズムによって表示された純粋の検索結果が表示されます。

 

これはお金で購入することのできない自然な検索結果といえます。

 

マンション検索サイトやWikipediaの「マンション」の項目、マンションに関するまとめ記事などさまざまなインターネットサイトの自然検索の結果が表示されます。

 

俗に言うSEO対策は、自然検索を対象として行う対策です。

 

人によってはリスティング広告をクリックすることを嫌い、自然検索の結果を価値のある情報と捉える人も少なくなく、オーガニック検索の結果をいかに伸ばすかということを重点的に分析する動きもあります。

 

当然、検索ボリュームが多いと同じキーワードで競合するライバルサイトも多いため、より複雑で高度なSEO対策が必要になってきます。

 

検索エンジンのアルゴリズムは一般に公開されることはないので、有料検索よりも難易度は高いです。